男女

様々な飲食店で活躍できるバリスタ|スキルアップのために資格を取得

食にかかわる職業

ウーマン

食にかかわる職業は、料理を作るばかりではありません。自分が独自に料理の創作をしたり、料理に合う器を作ったり選んだり、料理が乗るテーブルを食にふさわしい感じにしたりと、いろいろな専門職があります。これらに携わっている人を、フードコーディネーターと呼んでいます。

たくさんのプロが活躍

コーヒー豆

近年人気が出てきました

バリスタとは、コーヒーに対する深い知識と高い技術を持って、お客様に対し豊かなコーヒー生活を提案できるプロのコーヒーサービスマンです。専門の学校やスクールに通ったりカフェなどで経験を積むことで、技術を習得していきます。バリスタの資格は、国家資格があるわけではなく、民間の試験で資格を取ることが出来ます。ただし、資格が無ければバリスタと名乗ることが出来ないわけではありません。しかしながら、プロのバリスタを目指すうえで、客観的な指標となることや、お客様からの信頼獲得のため、また自分自身のスキルアップのために資格を取得する人も多くいます。資格にはコーヒーマイスターやバリスタライセンスといった資格があり、どちらも民間の資格になります。

様々な場所で活躍

バリスタの活躍する場所は、カフェだけではありません。レストランやバールと呼ばれる料理や酒類・デザートを提供する場所などでも活躍します。コーヒー専門店であれば、コーヒーだけに注力することが出来ますが、バールやカフェで働く場合には当然コーヒーだけの知識ではなく、様々な知識を有する必要があります。また、バリスタは個人で出店しオーナーとなる人も多くいます。コーヒーが好き・コーヒーに強い拘りがあるなど、コーヒーに対する幅広い知識を持っていればオーナーバリスタとして活躍することも出来ます。ただし、技術が伴わなければ失敗することもありますから、しっかりと資格を取得したうえで出店することをお勧めします。

洋菓子の職人になるために

ケーキを持つ人

パティシエになるためには直接お店で働き技術を身につける方法と、専門学校で段階的に技術と知識を得る方法があります。特別に必要な資格はありませんが取得した方が良いものはあり、衛生面に特化した製菓衛生師と技術の証明となる菓子製造技能士がその資格です。

個性的なコーヒー業界

メンズ

カフェの多様化によって、消費者はいろいろなコーヒー文化を堪能できるようになりました。この業界に就職するためには、養成所で基礎的な知識を習得することが就職への近道になります。オーナーになるとしても、知識は必要になってきます。